DESIGN CONSEPT

ユニットデザインは、外部デザイナーが監修、より親しみやすくする事に重点を置きコンセプトづくりから行いました。その事によりVeggieは思わず欲しくなるような今までの植物工場にはない、まったく新しい顔を持つことができました。 

Veggie_WorksとVeggie_Harvestを複数台設置することにより、遊休地の利用促進と次世代農業人材を育成する事が可能な新たな施設

廃校利用や一時的な遊休地に設置し、地域に必要な新たなコミュニケーションインフラを仮設にて創る事ができます。

また、太陽光パネルなどの再生可能エネルギー施設を設置し、自家消費する事でさらに持続可能なシステムとなります。

楽しみながら次世代農業人材を育てるという事

次世代農業PDCA

次世代農業を行う場合、まずIoTシステム等から取得したデータが何を意味しているのか?が読み取れる事が重要となります。人材育成はデータを基に可視化されたハウス制御ができる事が第一です。

つまり、センシングしたデータを確実に理解し、計画立案する事で病害リスクを限りなく減少させ、適切な管理を施すことで収穫量の増加につなげる事が可能になります。

選べる2タイプ

Veggieを自由にレイアウトして、独自のアグリワーク施設を作ろう

Veggie設置例

2021年2月オープン予定「Fukaya Works」

埼玉県深谷市に新たな次世代農業体験施設、深谷ワークスが今年2月にオープン予定、今までにない新たな農業施設がご覧いただけます。

新たなデザインを続々投入予定、アグリワーク施設がより充実します。

なじみのあるユニークな“やさい”ユニットネーム。

どの“やさい”Veggieで楽しむか?を決めて、さあ農業にチャレンジ!

外観例

ユニット ラインナップ例

内装例


地域未来創造20オープンラボへ登録

ONEFARM事業は、内閣府での取り組み「地域未来創造20オープンラボ」へ技術登録された事業です。

分野15「強い農林水産」

◆内閣府地域未来創造20オープンラボは、こらより

◆登録技術資料は下記よりダウンロードできます。


For SDGs

私たちグリーンラボは、次の開発目標を達成するためにONE FARM事業を行います。